バルコニータイルのメリットについて

バルコニータイルはバルコニーに敷き詰めるタイルのことです。

バルコニーの使い方としては洗濯物を干したりエアコンの室外機を置いたり程度しかないですが、分譲マンションのバルコニーなどはかなりの広さがあります。
この広さを有効に利用してガーデニングスペースやティータイムスペースなどのくつろぎの場と出来たら更に暮らしが豊かになります。

それを実現するのがバルコニータイルなのです。ただのコンクリート打ちっぱなしと比べてオシャレですし、家具や植物を置いても映えます。
また、バルコニータイルを部屋のフローリングの色と同じような色を選ぶようにすると、バルコニーの床が持ち上がることもあり、リビングの床との一体感が演出できます。

バルコニータイル情報を厳選して紹介しています。

リビングが広く見えるのです。

タイル表面がきれいに保たれやすいという特徴があるため素足や靴下のままで出ることもでき、実際にリビングスペースが広くなります。

ただ、継ぎ目にごみがたまるので掃除が大変ですし、パズルのように組み合わせていくだけとはいえ、きれいにそれなりの広さのバルコニーに設置しようとしたら施工も大変です。何より値段も高いのです。



しかしながら施工を業者に頼めば最低でも25万円以上です。それよりは自分で敷き詰めたほうが安上がりですし、出来たときの感動もあります。

素人の不恰好さが逆に味にもなります。

M3Qはとても評判が良いです。

その後は家族だけのくつろぎのスペースとしてさまざまな活用法ができる場所となります。

洗濯物を干すだけではもったいないです。